JALメインテナンスセンター見学レポート

スポンサーリンク

この記事は2014年5月の記事のリライトです
kumari

JALの格納庫見学に行ってきました。
掲載の許可をいただきましたので、ご紹介します。

この日は別の用事で羽田に行ったんですが、JAL工場見学のHPを見ると
たまたま空きがあったのですぐさま予約!
ANAの時もそうでしたが、直前に急に空きが出ることが多いようです。

 

JALメインテナンスセンター

東京モノレール新整備場駅を出てすぐの「JALメインテナンスセンター1」です。
「メンテナンス」ではなくて「メインテナンス」です!

エントランス

受付で入館証をもらい、QRコードをかざして中に入ります。

エレベーターに乗り、扉が開くと約1/50サイズのB777-200のモデルが。
奥には展示エリアが広がります。

まずは20分間程展示エリアを自由に見学できます。

展示エリア

アーカイブスエリア

こちらは大年表。
50mを超える壁面上でJALの歴史を紹介しています。
(※この年表を接写したものは投稿禁止のようです)

大きなB747のモデルもあります。

こちらはモデルプレーンタワー。
1/50サイズのモデルプレーンを螺旋状に展示してあります。

制服の歴史

歴代の制服も一堂に展示されています。

仕事紹介エリア

  1. 運航乗務員
  2. 航空整備士
  3. 客室乗務員
  4. 空港スタッフ
  5. グランドハンドリング&貨物スタッフ

の仕事をわかりやすく説明されています。

こちらは各クラスのシートが展示してあります。

展示エリアの見学のあとは「航空教室
この教室で航空機の仕組みや羽田空港の概要について教えていただけました。

この後はお待ちかねの格納庫見学です!

JALメインテナンスセンター格納庫見学レポート

2018.09.24

ANA格納庫見学に行ってきた(前編)

2018.09.20

ANA格納庫見学に行ってきた(後編)

2018.09.20

旅先のスタンプやチケット、どうしてますか?



捨ててないのに、どこいった?

「フライトの記録+旅の記録」

飛行機ガチ勢用、旅人用、お子さま用。
デザインいろいろ
全8種類