【ドンムアン(DMK)→クアラルンプール(KUL)】
タイ・エアアジア(AIQ)A320-200搭乗記
足元の広い最前列ホットシートを体験!

スポンサーリンク

kumari
自身初搭乗のエアアジアグループ運航機。
今回はタイ・エアアジアのA320-200で拠点であるバンコク・ドンムアンからクアラルンプールまで飛びました。

フライトログ

搭乗日2018年11月
航空会社タイ・エアアジア(AIQ)
便名FD311
出発空港ドンムアン(DMK)
到着空港クアラルンプール(KUL)
区間マイル748マイル
飛行時間1時間54分
機種A320-200
機体記号HS-ABR
クラスY エコノミークラス
座席番号1A

自分で記入したフライトログブック

フライトログ
海外国際線LCCですが、お願いできる雰囲気ではなかったので今回はセルフ用にだけ記入しました。

タイ・エアアジア A320-200に搭乗

ドンムアン空港 国際線ターミナル 26番搭乗口


国内線コンコースと同様、大きくゲート番号が書かれていてオシャレ。

搭乗開始

さて、今回の搭乗機はタイ・エアアジアのA320-200です。

特別塗装機を期待しましたが、ノーマル塗装です。

出発予定時刻は7時05分。
搭乗券には搭乗開始が6時25分と書いてありました。

なかなか搭乗が始まらないなーと思ってたところ、機長が6時30分頃搭乗口に来て機内へと向かいました。
もう一度言います。搭乗券には搭乗開始が6時25分と書いてありました。

機長、遅刻してるよね?

結局、搭乗開始は搭乗券に書いてある時間より15分遅れの6時40分。

今回は少し高めの座席指定料を支払い、最前列のホットシートを予約していたので一番最初に搭乗開始。

kumari
ホットシートとは、キャビン前方に設置されている座席、または足元のスペースにゆとりのある座席のこと。優先搭乗も利用できるので、まさに飛行機好きにとってHOTになれる席ですね!


搭乗一番乗りで機体まで来るとタレントのユージそっくりの男性CAが機内で待ち受けていました。


タイ・エアアジアの機内

THE エアアジアな内装。
一番に乗り込めたから撮れる写真です。

シートマップ

3−3配列の30列、180席仕様となっています。
日本のA320で運航しているLCC(ピーチやバニラ)と同じような仕様ですね。

今回の座席は1A。

最前列進行方向左側です。

この機内で一番足元の広いホットシート。
LCCであっても快適に過ごせますね。

機内誌や安全のしおりは座席前のポケットに入っています。

進行方向右側の間仕切りに書かれているのは広告でしょうか。
こういうところでも収益を得ているのがLCCの特徴。

ドンムアン空港 R/W03L離陸

機長の遅刻により少し遅れて出発。
 南下し、バンコクからほぼ真南になるクアラルンプール空港を目指します。

もう一つのクアラルンプールの空港

上空から見えたスルタン・アブドゥル・アジズ・シャー空港(通称:スバン空港)

このスバン空港は現在のクアラルンプール国際空港が開港するまでの33年間、クアラルンプール国際空港として運用されていました。

kumari
旧クアラルンプール国際空港ということですね。
現在の定期旅客便はFire Fly(FFM/FY)とMalindo Air(MXD/OD)の2社がATR機で運航してるのみ。
滑走路の長さはなんと3780m!当時は東南アジアで最長だったようですよ。

落雷を受け欠航中の天草エアラインのATR-42-600、明日より運航再開

2018.07.04

旧クアラルンプール国際空港上空を通り過ぎるとすぐに現クアラルンプール空港が見えてきました。

LCC専用滑走路 クアラルンプール空港 R/W33着陸

クアラルンプール空港はメインターミナル、サテライト、KLIA2の大きな3つのターミナルと3本の滑走路があります。

左奥にある建物がメインターミナル、そしてその右側にある十字の建物がサテライト、手前にあるH状の建物がLCC専用のKLIA2です。

3本の滑走路は全て4000mあり、写真奥から14R/32L、14L/32R、15/33。
一番手前の滑走路15/33はLCC専用のターミナルKLIA2に近いことからLCC専用の滑走路として運用されています。

機長の遅刻による遅れを取り戻すことなく、13分遅れでKLIA2に到着。

飛行機が橋の下を通るというなんとも珍しいスカイブリッジを渡り、入国となります。
ちなみにマレーシアでは出入国カードは廃止され、入国の際は審査官にパスポートを提示するだけとなっています。

kumari
飛行中、コックピットのドアが4回開いたのが見えました。
1回目:CAがコックピットに入る。
2回目:機長が出てきてトイレ行く。
3回目:機長がトイレを済ましコックピットに入る。
4回目:CAがコックピットから出てくる。

って、また機長かーい!!!!

たった2時間の飛行でこんなにコックピットドアが開くのは珍しいですね。
本場のLCCを体感できたフライトとなりました。

旅先のスタンプやチケット、どうしてますか?



捨ててないのに、どこいった?

「フライトの記録+旅の記録」

飛行機ガチ勢用、旅人用、お子さま用。
デザインいろいろ
全8種類