2,700円で月の土地を買いました。

スポンサーリンク

マキ美
飛行機好きの夫へのプレゼントはいつも空絡みのものをあげてきましたが、そろそろネタが尽きてきました。
どうしようかと悩んだ末、空どころか成層圏を突き抜けて月をあげることにしてみました。

月の土地とは

米国の「ルナ・エンバシー」が管理しています。

月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。 (現アメリカルナエンバシー社CEO)
同氏は「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した宇宙条約しかないことがわかりました。
この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。
この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えた同氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。
これを受けて同氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。
この宣言書に対しての異議申し立て等が無かった為、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、
月の土地を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始しました。

引用:ルナ・エンバシージャパン公式HP

庶民が月に行くことはありませんが、月を見たときに「あの辺うちらのかなww」とかキャッキャできるのはなかなか楽しいんじゃないかなと思います。

気になるお値段ですが、

1エーカーで2,700円です。

1エーカー=約4,047㎡=約1,200坪

なので、やっす!!!!

ロマンを買うには悪くない金額ですね。

実際の月の土地の権利書はこちら!

こんなかんじの大きくて上質な証明書が3枚セットになってます。

赤点の部分が購入した土地のあたり。
自分で選べないので、ランダムです。

クリスマスシーズン限定で、クリスマスカードが付いてきます。
裏にはメッセージを印刷してもらえます。

商品説明書は、月の権利を説明するものでした。

この上記セットで2,700円。
オーナーシップカード付きだと3,214円。

夫に早めのクリスマスプレゼントとして渡したら、予想外の喜びよう。
早速職場で自慢し話題になったそうですw

飛行機、空好きの恋人や家族にいかがでしょうか?

旅先のスタンプやチケット、どうしてますか?



捨ててないのに、どこいった?

「フライトの記録+旅の記録」

飛行機ガチ勢用、旅人用、お子さま用。
デザインいろいろ
全8種類